自然エネルギーを最大限に活かす家

夏は涼しく冬は暖かい、地域の気候風土を考えた、自由設計 × パッシブデザインの家 「Vida(ヴィーダ)」

日本は南北に長く気候条件に富んでいます。

地域によって暮らし方が多様化しているのに、どこの地域も同じ家で良いのでしょうか。

家の性能=機器設備の性能・・・ではなく、その地その地に適した「カタチ」だと考えます。

自由な間取り、自由なデザイン、そしてその土地の自然エネルギーを最大限に活かした家づくりです。

パッシブデザインの家

パッシブデザインとは

「夏は涼しく、冬は暖かい家」というフレーズを最近はよく聞くようになりました。断熱性能が上がり、「高断熱・高気密住宅」が増えてきています。ですが、断熱性能が高いだけでは、「快適、健康な住宅」とは言えません。例えば、断熱性能を高めることによって冬の室内環境は大きく向上しますが、無頓着に断熱性能を向上させてしまうと「夏厚くなる」という現象が起きる場合もあります。

「パッシブデザイン」というのは、「建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー、太陽・風・地熱を最大限に活用・調節できるようにし、高い室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法」のことを言います。つまり、自然エネルギーをうまく使って、極力エアコンなどを機械を使わずに、快適に省エネにするという家づくりの事を言います。

見学会等のイベント情報はこちらをクリックしてください
小冊子プレゼントフォームへ