構造と性能


全棟「長期優良住宅」仕様が標準です!

長期優良住宅とは

  従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(=長期優良住宅)を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施工されました。

(国土交通省より抜粋)

川森建築の家づくりは全棟「長期優良住宅」仕様が標準です。申請をするには別途申請費がかかりますが、申請をするために仕様を変更する必要はありません。(仕様変更により金額が上がることはありません。)認定されるとフラット35等のローンを借りる場合に金利優遇があったり税の軽減優遇があるため、申請をご希望のお客様が増えています。

地震に強い家

耐震等級3を取得しています。

「耐震等級3」とは国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法で数百年に一度発生する地震(震度6強から震度7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊しない程度のものを「等級1」とし、その1.5倍の性能を有するように定められています。

※耐震等級3の性能評価については建物構造計算が必要となります。図面が決定後に構造計算をするため、開口部の制限や壁を増やすなど間取りを変更する場合があります。

※SIMPLE NOTEの家は耐震等級3取得のための構造計算費用が別途追加になります。

冬は暖かく、夏は涼しい家

ウレタン吹き付け断熱の施工写真

■断熱材■

暮らす人の事を考えて、断熱材には「アクアフォーム」を採用しています。

環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず水を発泡剤として使用するため室内環境を良好に保つ断熱材です。

アレルギー体質のお子様にも安心!繊維系断熱材は結露するとカビやダニが発生しますが、吹付断熱だと結露は発生しにくく、健康的な室内環境が期待できます!!窓と構造体の隙間にも、隙間なく隅々まで吹き付けます。断熱性の劣化も少なく非常に軽いため、脱落や垂れ下がりもなく、長い年月効果を保つことが出来ます。さらにアクアフォームの細かな気泡構造は吸音性にも優れていますので静かな住空間を作ります

■LOW-E複層ガラス■

冬場、暖かい部屋にいるのに窓ガラスに近づくとヒヤッと冷たい空気を感じた経験はありませんか?実は家の中で一番熱を通すのは窓ガラスです。壁断熱をしっかりと施した家でも窓ガラスに気を使わなければ効果は激減します。LOW-E複層ガラスは複層ガラスにさらに特殊金属膜をコーティングしており、放射による熱の伝達を抑えます。

外側ガラスの内面側にコーティングした遮熱タイプは太陽熱の侵入を防ぎ、涼しく快適な室内を作ります。西日対策や紫外線による色あせ防止にも効果を発揮します。内側ガラスの外面にコーティングした断熱タイプは太陽光を取り込み、冬の暖房熱が外へ逃げるのを防ぎます。

■日射遮蔽(しゃへい)や昼光利用を考えた設計■

機械設備に頼るのではなく、地域や立地によって配置や間取りに工夫をし、自然エネルギーを最大限に活かせるように考えたプランニングをしています。

永く住み続ける強い家

■オーガニック地盤保証「BIOS」で30年間の保証■

地盤調査の様子

家を建てる前に専門業者による現地での地盤調査を行います。改良が必要な場合は天然石パイル工法「HySPEED工法」を採用した改良工事をご提案します。環境に優しく地震に強い地盤を保証するオーガニック地盤保証「BIOS」を採用し、30年間の保証をします。

■人に優しい防蟻処理■

防蟻処理の様子

防蟻剤には安全で効果的に駆除する「アルトリセット」を使用しています。シロアリのコロニー(巣)全体を根絶する働きのある薬剤です。低薬量で高い殺虫効果があり長期間家を守ります。

また臭いがほとんどないためお客様にも、そして業者様にも不快な気分を与えません。


■土台はヒノキが標準仕様です■

ヒノキの土台写真

ヒノキの持つ調湿機能が乾燥を嫌うカビの発生を防ぎます。またヒノキが発散しているフィトンチッドの中には、抗菌効果がある成分が含まれており、細菌などの発生を抑える効果があり、特にカビやダニに対する繁殖抑制効果があることが知られています。

 さらに家にとって大問題となるシロアリの被害に強いことが確認されています。

■換気性能は約2倍!基礎パッキン工法■

基礎パッキンの写真

基礎パッキンとは、基礎と土台の間に敷く通気部材のことで、この通気パッキンを使った工法を基礎パッキン工法と言います。換気口を作る必要がないため基礎が強くなります。さらに連続土台パッキンは荷重が均一にかかるため土台への負担が少なく、そして直接基礎に土台を乗せるよりも通気性がいいので土台が腐食しにくくなります。


イベント案内ページへ
小冊子プレゼントフォームへ