· 

家づくりのご予算、本当にあなたの身の丈に合っていますか・・・?

消費税、予定通りに増税が決まりましたね・・・

川森建築にも

「増税までに」というお話をされるお客様が少し前から増えていました。

消費税の増税2%は家づくりにおいてはとても影響が大きいですが、

そのことだけでなく、一番気になるのは、やっぱりお金の事ではないでしょうか。

間取りや性能ももちろん気になると思いますが

我が家ではいったいいくら家づくりにかけられるのか・・・

 

例えば

ご夫婦共働きで、夫の収入が総支給額で月額30万円、妻の収入が20万円というご家庭を想定しますと

夫の手取りは24万円くらい、妻の手取りは16万円、合計40万円くらいが、世帯手取り収入になるのではないかと思います。

(今回は分かりやすくするために、ボーナスはなしで仮定します)

 

一般的に、家を建てる時のローン返済額は「手取り金額の25%くらいまでは大丈夫ですよ」というアドバイスを受けることが多くあると思いますが、そうすると、このご家庭では10万円までは住宅ローン返済に充てても大丈夫、ということになりますね。

 

本当に大丈夫でしょうか・・・・

 

このご家庭が

お子様2人保育所に通っていて、賃貸アパートに住んでいるとして、ざっくりと家計をシュミレーションしてみましょう。

(もちろん、本当は各ご家庭によって違うと思いますが、あくまでも参考程度です(^_^;)

 

家賃:7万円(共益費、駐車場代含む)

保育料:5万円(子供2人分)

食費:5万円(夫婦ともお弁当持参、週一回程度外食)

生活用品費:3万円(生活雑貨、衣料品、保育所用品など)

光熱費:2万円(電気、ガス、水道)

携帯代:1.5万円(2人分)

インターネット、ケーブルテレビ、NHK、固定電話、新聞代等:1.5万円

ガソリン代:2万円(2人分)

保険代:4万円(学資保険、生命保険、車の任意保険)

小遣い:3万円(夫婦合わせて)

車のローン:3万円

車検積み立て:1万円

貯金:2万円

 

こんな感じでしょうか・・・

 

さて、本当に月10万円を払っていけるのでしょうか???

結構キツそうだと思いませんか?

 

もし、支出の中身が変わらず、収入があまり増えなかったとしたら、おそらく住宅ローンの返済金額は、7~8万円までが妥当ということになります。

 

でも、

家を建てると、アパートの時には不要だった固定資産税や将来的なメンテ用の積立金費用などが必要になってきます。

となると、貯金に充てていた2万円からこういった費用に充てないといけなくなり、そうなれば貯金が出来ない・・ということになってしまいます。

(今回はボーナスを考えていなかったので、実際はボーナス分が貯金できるかもしれませんが

 急な家電の買い替えがあるかもしれないし、もちろん旅行にも行きたいでしょうし・・・)

 

建ててしまってから後悔しないためにも、

家づくりでは、一番最初に資金計画をしっかり立てることが大切です。

その際、家計の収支の状況をある程度具体的に把握しておくことが、大切になってきます!

一般論ではなく、あなたのご家庭に合った予算作りと、その予算の中で実現できる家づくりをしていただければ。と思います。