· 

より素敵な時間を過ごすための家づくりの工夫

家を建てる際、できるだけ価格を抑えたいと考えるのでしたら・・・

家の大きさをできるだけコンパクトに抑えることで家の品質を落とさずに価格を抑えられるようになります。

でも家を小さくすると部屋が小さくなったり収納が少なく、暮らしにくい家になるのでは?

そうならないためには、廊下や使うかどうかわからない部屋といった、無駄になるであろうスペースを省いていくことが必要になります。

 

家をコンパクトにしてコストを抑えることが出来れば、その分をより素敵な時間を過ごすために使うことが出来ますね(^_-)-☆

 

例えばリビングに開放的な吹き抜けを作ることができるようになるかもしれません。周りに家が立ち並ぶ住宅街では、吹き抜けがないと暗い家になりがちですね。

 

リビングに吹き抜けをつくると、天井が高くなり、それだけも開放感が生まれます!

そして吹き抜けの2階部分に高窓を設けられるので、明るい光がリビングに入ってきます!

もし周りが家に囲まれていても、今はそうでなくても将来的に隣地に家が建つかもしれないですが、高窓があると光はさえぎられず、明るいリビングをずっと確保し続けられます。

 

空気の気持ちよい季節には透き通るような青空を眺めることが出来るでしょう!

 

日中は電気をつける必要なくなるかもしれません!

 

ただ、吹き抜けのデメリットとしては、冬の暖房が聞きにくそう・・・ということがありますね。

当たり前ですがお部屋の体積が大きくなりますし、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に流れるので、リビングは寒くなってしまうことになります。

ですので、断熱と気密は大切!

断熱を強化すると外気の影響を受けにくくなります。そして気密も強化することで室内の暖かい空気を外に逃がしにくくなります。

 

断熱と気密を強化すると家の中が寒くなりにくく、暖めた空気が外に逃げにくくなるため、暖かい空気が家の中で滞留するので、暖房費を抑えながら快適なリビングを実現することが出来ます♪

 

あなたが家づくりを考えるとき、どれくらいの坪数の家がいいなぁと思っていますか?

 

家族4人が快適に暮らしていくために必要な家の広さは、30坪まででも充分ではないかな、と思います。

もちろん、それぞれのご家族で暮らし方は違いますし、家づくりにかけられるご予算も違いますが、

できるだけ価格を抑えたいと考えるなら、

無駄に広い家を建てて無駄な出費をするようなことだけは絶対にしないようにしていただければ、と思います。

10坪違えば、300万円~400万円も違ってきます!

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それでは・・・