· 

今から家づくりを考えている方に、一番最初に聞いていただきたいお話

おはようございます。

伊賀市新築 A様邸、日当たりバッチリの立地です(^_-)-☆

今年のようにあまり寒くない冬の日中だと、南側からの日差しがたくさん室内に入ることで、暖房費用がかなり抑えられますね!

 

家を建てる時、30年以上の長期間で住宅ローンを借入する方が多いのではないかと思いますが、

30年というと様々な事が変化していくことが考えられますので、今後の流れをよく考えたうえで返済金額や返済年数を決めて、その予算内で出来るだけ実現可能な家づくりを考えないといけないですね・・・

 

30年・・・・

 

若い方にはあまりピンとこないかもしれませんが、物価はどんどん上昇しています。

 

たとえば消費税は1989年に導入されましたが、段階的に上昇し、ちょうど30年たった去年10%になりました。

同じ価格のモノを購入しても単純に30年前より1.1倍の支払いをしないといけなくなったということですね。

 

現在は大学への進学することも当たり前のようになってきましたが、大学の授業料も上がっているようです。

国立大学の場合、現在は初年度が約82万円で2年目以降は約53万円が平均だそうですが、30年前は約25万円が平均だったそうで・・・・なんと2倍以上になっているんですね(・_・;)

 

タバコを吸う人はすごく減っているように感じますがタバコの値上がりはご存知の方も多いと思いますし、車も衣類や日用品も、様々なものが値上がりしているので、

今後も物価は上昇していく・・・と考えておいてもいいかもしれません。

 

ですが、逆に収入面では・・・

 

手取り金額はどんどん減っていく 

ということが考えられます。

 

お給料が減るのではなく、手取り額が減る、つまり、給料から天引きされる費用が上がっていくからです。

少子高齢化の影響ですね・・・

 

少し前によく話題に上がっていた「2025年問題」というのをご存知でしょうか。

2025年に「団塊の世代」と呼ばれた方々が全員75歳以上の後期高齢者になり、そうなれば日本人の5人に1人が75歳以上になります。

それに伴う社会保障や納税などの様々な影響をシュミレーションしたものです。

私たちが納める社会保険や税の負担額がどんどん上昇し、

2035年にはお給料から天引きされる割合が60%にまでなってしまうのではないか、

という予想もあるそうです。(とある大学教授がおこなったシュミレーションだそうです)

 

あくまでも、「かもしれない」話ですが、

「かもしれない」話ではなく現実になりそうな気がしますよね(>_<)

 

そして去年は金融庁が出した「老後資金2000万円」という報告書に関する話題もニュース等でたくさん目にされたと思いますが、

その内容についてどう考えるかは様々なご意見があるにしても、

どちらにしても「老後資金は自己責任で備えなくてはいけない時代」になってくるのは間違いないと考えられます。

 

家づくりをこれから始めよう という方には、まずはそのあたりもしっかり考えて、資金計画をしていただく事をお勧めしています。

 

でも、実際のところ

「土地代と家本体価格以外にどんなお金がかかるのかわからない」

 

という方が多いと思います。

 

そんな、家づくりを今からお考えのあなたにぜひ聞いていただきたいセミナーを

2月1日午後、伊賀市 ゆめぽりすセンターにて開催します

 

家づくりって何度も経験するものではなく、「初めて」の方がほどんどですので、

「わからないことだらけ」という方ばかり。

なので、

「まだ何もわかっていないのに、セミナーって聞いても難しいんじゃないかな」

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」

「何を質問したらいいのかさえ分からない」

 

・・・・

いえいえ、

何もわからないからこそ聞いてほしいです!!!

全然恥ずかしくありません!!!

何を質問したらいいかわかならくても全然大丈夫です!!!

分からないまま、もやもやしたまま進めてしまうことだけはやめましょう!!!

 

今回講師としてお話してくださる「堀」さんは、経済情勢にも強い方ですし、

長年住宅関係のコンサルティングをされていた方なので、

ハウスメーカーや住宅会社の、「あんな話」や「こんな話」「ここだけの話」も聞けちゃいます(^^)v

 

セミナー参加ご希望の方は下記よりお申込みください。

または フリーダイヤル 0120-81-1146 までご連絡ください。

ご予約お待ちしております\(^o^)/