· 

よりシンプルな暮らしのために家づくりを考える 簡単そうで案外難しいこと

今朝は、部活の試合で(と言ってもまだ1年生なので先輩の応援ですが)早朝4時半に家を出て娘を駅まで送っていった稲岡です・・・

日が長くなっているというのに家を出る時の景色はこんな感じ。

いや~まだ夜ですね~。

 

娘たちは高校に入ってほぼ毎日部活部活で、帰る時間が遅いうえに、たまにそのまま塾に行くからと10時ごろまで帰らなかったり。

家にいる時間が急激に減りました。

小学生の間は自分の部屋で宿題をすることもほとんどなく、いえいえ中学生になっても居間のこたつで勉強していたり・・・

一応子供部屋はあるんですけどね(^^;) ほぼ寝る時に使うだけになっています。

そういえば小学生時代は一緒に寝ていたので、そう考えると子供部屋って、何年くらい使うのでしょうか。高校を卒業した後の進路によっては、この先使うことがなくなる可能性も・・・

小さい子供さんがいらっしゃるご家庭で家づくりを考える時、やっぱり子供のことが優先順位の中で高い位置に出てくると思いますが、建てた家にお子さんが巣立った後も数十年住まわれることを思うと、子供部屋の在り方も、安易に「6帖×人数分を2階に」ではなく、もっと深く考えたいですね(^_-)-☆

 

そういったように、家づくりでは簡単そうで難しいことが結構たくさんあります。

 

ほぼすべての方が「明るい家にしたい」というご希望をお持ちですが、その実現も実は簡単そうで結構難しい・・・

 

というのも、せっかく大きな窓を作ったにもかかわらず、昼間カーテンを閉めずには過ごせないため、結局その窓から入ってくる光を大幅に遮ってしまうことがよくあるからです。

直射日光は光線が厳しいですし、何より周囲から丸見えになってしまうから。

(シャッターまで閉めてしまっているお家もありますね・・・)

 

その結果、ダイニングやキッチン付近が暗く、朝から照明をつけないと居られない空間になることも・・・

 

本当は朝から一番明るくあってほしいのは、キッチンやダイニング、もちろんリビングも。

家族で朝食を取りながら団らんを楽しんだり、ゆっくりとした休日を過ごすためにも。

 

一方で、必要以上に明るくする必要がないのに明るくし過ぎてしまいがちな部屋が、子供部屋や寝室だったりします。

多くの方が、これらの居室を南に面することを希望されます。

 

でも、寝室ってどうでしょうか。

ただ寝るだけで、日が当たる時間にほとんど使うことがない という方が多くないでしょうか。

そう思うと、必要以上の日当たりを求める必要はあるのでしょうか・・・

 

家づくりだけに限りませんが、

世間では固定概念や従来の常識にとらわれていることが本当に数多くあります。

 

それが当たり前だと思っていたから・・・

でもそれらの多くは、あなたにとっては実は適していないことだったりします。

 

その土地で本当に暮らしやすい家にするためにも

まずは固定概念や常識を疑ってみていただければと思います。

 

窓にはカーテンを設置するもの。というのは一般的な常識になっていると思いますが、

「カーテンを設置しない窓」という選択肢があるなら、どうでしょうか。

カーテン代もいらないし、カーテンを洗う必要も、カーテンレールの上のホコリを掃除する必要もない。

そして明るい。

 

ただ、カーテンを設置しなくてよくするためには、そもそも間取りの発想を大きく転換する必要がありますし

窓の作り方にも工夫が必要です。

 

もし、そんな暮らしにご興味をお持ちでしたら、

ぜひ弊社がご提案させていただいている「シンプルノートの家づくり」をご覧いただければ、と思います。

5月は見学会を2回開催いたします。

詳しくは下記をご覧ください。

きっとあなたとあなたの大切なご家族の暮らしにより密着した住みやすさを感じていただけるはずです(^_-)-☆