· 

自分の思い込みでイメージしていたのと全然違っていたこと

ふと気づくと、私のブログやインスタにはお料理の写真が意外と多く登場していますね(^^;)

「お料理するのが好き」ではなく「食べることが好き」な稲岡です(笑)

 

昨日は2ヶ月くらい前からずっと楽しみにしていた「食について学びに」行ってきました(^^♪

 

ランチ付きだったのですが、この写真はそのランチにいただいたお弁当です。あと、デザートも出たのですが、気付いたら食べ終わっていて写真を撮っていませんでした(~_~;)

 

このお弁当、写真ではわかり辛いですが、何料理だと思いますか?答えは・・・・「薬膳」です。

無知な私は「薬膳」と聞くと、漢方的なイメージを持っていて、高麗人参とかクコの実とか何かよくわからないお茶とか、そんなもんどうやって手に入れてどうやって食に取り入れるねん、と突っ込みたくなるような食材を使った、苦くて美味しくなくて体にいい(笑)ものを勝手にイメージしていました。(薬膳に携わっている皆様、申し訳ございません)だって、薬っていう漢字がねー(言い訳)

 

私の事をよく知っている友人には、私が薬膳に興味を持ったというとビックリされるかもしれません。

カロリーは気にしない、お酒大好き、ジャンクフードも気にせず食べる、甘いものも大好き、「美味しく楽しく食べれば何でも栄養」をモットーに(?)してきた私・・・・

そんな私が何で薬膳に興味を持ったかというと、単純に年齢的な事だったりもします(笑)

いつも元気そうに見えて、実は体調不良の事も多くて薬を飲んだりしていることもありましたが、それもお歳だから、と思い込んでいました。そんな時にネットで薬膳に関する記事を読んだのがきっかけです。

そしてそれに加えて娘たちが思春期になり、部活に勉強(←してほしい・・・)に、あとは女の子なのでお肌の事とかいろいろあるし・・・

 

でも、いくら体に良くても美味しくなかったら絶対に食べれないし続かない!と思っていたし、お金がかかりすぎたり、手に入れるのに苦労する食材を使うのも無理だし。

 

どうせ〇〇だろうな

 

を勝手に自分で作り上げてしまっていました。

 

でも、どこかにちょっと引っかかる部分があって、やっぱりちょっと気になっていて、

散々悩んだ末に、思い切って、薬膳体験を予約してみていたのです。

 

その思い込みは見事に崩れました\(^o^)/ もちろん、良い方に(^_-)-☆

 

寒い時は身体を温める、暑い時は身体を冷やす、

例えば大根でも、根の物は基本的には身体を温めるので、寒い時には煮物にしていただく。

でも実は生で食べると体や脳を鎮静する効果や消化を助ける効果があるので、夏の暑い時や胃が疲れている時は大根おろしで食べる、

また、例えば反抗期気味の年齢の息子さん等にも、カッカした気分を鎮めるのには生食がいいから、サラダにして食べさせる・・・

など、それぞれの食材についての効能と特徴を知って、自分や家族の体調や性質に合わせて食べるだけのことなんです。

そして、五味(甘味、辛味、苦味、塩味、酸味)を大切にする。

ということで、このランチにはしっかりと五味が入っておりました。

ビックリしたのはデザートの豆乳プリンにかかっていたのが、刻んだショウガが入ったシロップ。このちょっとした辛みが今の季節にはいいんですって。予想に反してビックリするくらい美味しくて、感動的だったし、お話もすご~く面白かったんです。

行ってよかった。知って良かった。

 

長くなりましたが、思い込みのイメージと実際が全然違うことってありますよね。

 

家づくりも同じだと思います。

色々な思い込みで判断するのでなく、まずは、実際に見て体験してみる、聞いてみる・・・

いかがですか?