· 

当たり前とされている、敷地と家との関係

明けましておめでとうございます。

新年のご挨拶が少し遅くなってしまいましたが、

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さん、今年の年末年始はどのように過ごされたでしょうか・・・

 

家族でお家でゆっくり過ごした

という方も多かったのではないでしょうか。

 

コロナ渦ではありますが、実はお家づくりについて改めて考え始めた方が以外と多いようです。

 

先行き不透明・・とはいえ、お家時間が増えたことで賃貸暮らしの不便さを今までよりも強く感じるようになったり、リモートワークという新たな働き方が増えたために物理的なスペースが不足してきたり、そして「先行き不透明」だからこそ、早く家を持ちたい!という思いが強くなられた方も多いようです。

 

こちらの写真は去年お引渡しをさせていただいて、そろそろ1年経とうとしているオーナー様のお家です。

お家の横に庭を作り、野球が趣味のパパが子供さんとキャッチボールできる広さがありますが

今はまだ子供さんが小さいので、

夏場は庭でバーベキューをしたり、ローラーボードで遊んだりしているそうです。

 

お家づくりを土地探しから始める方の場合、家と土地、両方について考えないといけないためそれはそれは大変な事ですが、

「とりあえず先に土地探しから始めよう」

ではなく、ぜひ家と土地をセットで考え始めていただければと思います。

 

実は多くの方が、せっかく購入した敷地をあまり有効活用できていない という現実があります。

それは、家づくりにおいて「当たり前」とされている下記のような理由があるからなのです。

 

【家は「日なた」に建てる という当たり前】

 

やっぱり日当たりのいい家がいいので、出来るだけ日当たりのいい土地を探したり

日陰をさけて間取りを考えることが、家づくりでは”当たり前”とされています。

 

でも、すべての部屋を日当たり良くする必要はあるのでしょうか?

 

この”当たり前”について考え直してみると、土地探しにも家づくりにはもっと自由度が生まれます。

 

日陰になってもいい部屋があるとしたら・・・

敷地をムダに余らせることがなくなり、日陰をうまく利用する という選択肢が出てきますね(^_-)-☆

 

【居室は2階につくる という当たり前】

 

モデルハウスやハウスメーカーの家や今建っているほとんどの家が

この当たり前をもとに間取りが作られています。

 

ですので、それが”当たり前”と思い込んでしまっているのではないでしょうか。

 

でも、よく考えてみると

お子さんが小さい間、2階の子ども部屋を使うでしょうか・・・

いつから子供たちが自分の部屋で寝るようになるのでしょうか・・・

学校から帰った子供さんが、毎日2階の自分の部屋まで荷物を片付けに行くでしょうか・・・

 

また、子供たちが家を巣立って行ったあと、2階にあるその部屋を別の用途として使えるでしょうか・・・

 

もし、敷地にゆとりがあるとしたら、それでも居室を2階に作る必要はあるのでしょうか。

子供部屋を1階に作るという選択肢もあるのではないでしょうか。

 

【平屋より2階建ての方がコスパに優れているという当たり前】

 

平屋は高い!という考えなのですが

同じ面積で比べると、確かに平屋の方が高くなります。

ただ、家づくりに関する考え方、価値観次第で実はそうでもないんです。

 

ただそれには、

出来る限りコストアップしない工夫

が必要です。

 

①「廊下を無くす」

居室をすべて2階に作った場合、2階には各部屋に行くための廊下が必要になりますが

例えば子供部屋は1階に、寝室を2階に配置した場合、

2階の廊下は必要なくなりますし、配置の仕方によっては家の廊下をゼロにすることも可能になります。

そして2階の部屋が少なくなると2階のトイレも必要なくなります。

 

②「各居室(プライベートルーム)を必要以上に大きく作らない」

お家での過ごし方を想像してみてください。

寝る時以外のほとんどの時間をリビングで過ごしていませんか?

子供さんは中学生くらいからは自分の部屋で過ごす時間が増えるかもしれませんが

それも中学~高校の間くらいでしょうか。

そして寝室は、寝る時以外はほどんど使わないのではないでしょうか。

ただ寝るだけの部屋、将来的には使わない可能性が高い部屋、なのであれば

最低限の広さでもよくないですか?

 

もし平屋にすることが可能であれば、階段も必要なくなります。

 

そして、家の温度差ができにくくなるので、光熱費のコストダウンになったり、

また、重心が低い方が耐震性も上がります。

 

平屋が無理でも、出来れば土地の制限いっぱいまで1階を大きく作る方が

やっぱり耐震性もあがりますし

そして居室が1階にある方が暮らしやすく

その分の敷地のムダな空きがなくなると庭の維持管理の手間も少なくてすみます。

ガーデニングが趣味、自家菜園が趣味、という方は別ですが

庭が広いと維持管理に手間とお金がかかってきますので

 

広い庭を作るのであれば、その分家の1階面積を広くすることをお勧めします。

 

 

 

 最初に書いたオーナー様のお家は、キャッチボールをしたりバーベキューを楽しんだりするためのお庭を作り、

それ以外は出来る限り敷地いっぱいに平屋のお家を建てました。

 

お伺いさせていただいた時も、

ご家族とっても楽しそうに暮らしてくださっていて、

私達も嬉しかったです。

 

家づくりの当たり前を、当たり前とせず、柔軟に考えていただくことが、長く暮らしやすい家づくりには大切な事だと思います。