· 

家づくりの際の土地に関わるお金について

「実家の離れを建て替えて自分たちの住まいを作りたい」

というご要望の方が意外と多い川森建築です。

伊賀市という土地柄でしょうか。

新しく土地購入をしなくていい代わりに、”離れの解体”という費用と時間がかかってきます。

そして、建てる予定の土地がどのような土地になっているのか・・・

地目や名義等、きちんと調査してみないと、今そこにお住まいされているご両親も知らないことがあったりして、

それが意外にも大変なことも、また場合によっては思った場所に建てられないこともあったりします(・_・;)

 

長年ずっと地元で大工をしていた川森は、そのような建て替えに関しての経験も豊富なので、気になる方はご相談くださいね(^_-)-☆

 

なんだ~それじゃあ土地を購入した方がいいかも・・・

 

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

いえいえ、やっぱり新たに土地を購入される方がたくさんのお金がかかることが多いです!

土地は土地代だけで買えるものではないので、

ネットに出ている情報や不動産屋さんのチラシを見て「この土地安いしいいかな~」と決めてしまう前に土地にかかるお金についてもぜひ知っておいてくださいね(^_-)-☆

 

土地購入に際して必要になる経費の一つに

「不動産屋さんに払う仲介手数料」

があります。

土地の販売形態は2通りあり

不動産屋さんが土地を購入して造成して販売する場合は仲介手数料はかからないのですが

一般の方が持っている土地を仲介して販売する場合は仲介手数料を払わなくてはいけません。

一般的には

「(土地代×3% + 6万円)×消費税」ですのでこの経費が掛かることを覚えておいてくださいね!

 

そして

「水道加入金と水道引込工事」

市役所に支払う水道を使用するための権利金についてや、

上下水道がどのようになっているかは

市町村によっても違いますし土地によって違いますので

ここの金額もおおよそ把握しておかないといけません。

先に書きました、不動産屋さんが新しく造成した土地の場合は

現在の基準に合わせた水道が敷地内に引き込まれているため、

新たに水道を敷地内に引き込む必要はありませんが

そうじゃない土地を購入される場合は敷地内に水道が引き込まれていない場合があるので

その工事費用が別途必要となります。

下水に関しても浄化槽を設置しないといけない地域なのかどうか

排水負担金など、地域によって違うので確認が必要です。

 

最後に

「境界の基礎や壁についての工事費用」

こちらも、ご実家の敷地内に建てる場合は必要ないこともありますが

土地を購入される場合は必ず必要となる費用です。

まわりの状況がどうなっているか、

またどのようなものを設置するかによっても費用が変わってきます。

気になる土地がある場合は境界についても気にして見られるといいと思います。

が、

それにどれくらいの金額がかかるのか

どんな工事が必要なのか

は、やっぱりご自分で判断するのは難しいですよね。

ですので、土地探しを始める際は、家を建てる住宅会社と一緒に探す方が良いかと思います。

 

家と土地

一緒に考えないと、理想の家が建てられなかったり、予算を大幅に超えてしまうことも多々あるので、

ぜひ気を付けてくださいね!