· 

家の中で一番寒くジメジメする場所は?

11月ですねー。

あと2ヶ月で今年も終わるではないですか・・・

早すぎます(・_・;)

なんだか忙しくてあっという間に時間が過ぎていってしまった2019年・・・

のこり2ヶ月の間に、仕事以外でも楽しみがいくつか待っているので、今からワクワクしている稲岡です(笑)

ただ・・・・・

私は冬生まれのくせに(12月生まれです。)

寒いのが大嫌い⛄ 

冬になると社長に「何ですかその恰好は」と笑われるくらい着こんだりします。

そんなわけで、冬になると布団に入るのが大好きになる稲岡です。

お風呂も好きですが、脱衣の寒さが嫌で、お風呂に入るのはちょっと億劫になります。

ちなみに、弊社の標準仕様で採用しているお風呂に、クリナップさんのユアシスや、タカラスタンダードさんのリラクシアがありますが、

どちらも断熱性に優れたお風呂です。

少し前にクリナップさんの営業さんにお話を伺ったとき、

「1番風呂はどうしても寒くなりますが、2番目以降の方はお湯の湯気などで暖められるうえ、断熱がしっかりしているので、お風呂の部屋はそうそう冷めませんよ。」とおっしゃっていました。

でも、脱衣や洗面はどうでしょうか・・・・

しっかりと断熱材を施されたお家でも、やっぱり真冬は寒くなります。

リビングや居室はエアコンなどの暖房器具を使用しているので暖かく過ごせても、

どうしてもこの水回り(トイレなども)は寒くなりやすくなりますよね。

 

お家づくりの際に間取りプランを考える時

誰もが日当たりのいい家、明るい家にしたい!とお考えになると思います。

 

そのため

当たり前のように、リビングや居室は日当たりの良い南に配置されます。

そうなると、水回りは北側に・・・

その結果、日当たりも悪く寒くてジメジメした場所になってしまう

ということがよくあります。

 

最近のご要望として多いのが

「洗濯物を中干ししたい」というご要望で

そうなると洗面や脱衣(に洗濯機を置いて、中干しするならそのスペースにすることが多いため)は

日が当たる場所、もしくはその近くに作る方が良いのですが・・・

 

でもやっぱりリビングや居室を優先して南側に配置したいため

結局寒くてジメジメした北側に水回りを作ってしまいます。

 

そして廊下。

廊下が欲しいというご要望をおっしゃる方はほとんどいないにもかかわらず

上がってきたプランにたくさん廊下が作られていることがあります。

廊下が出来ると家の中に温度差ができやすくなってしまいます。

暖房効率を上げるために廊下に接するドアを全て閉めてしまうからです。

廊下が多いと家の中に温度差ができやすくなる ということですね。

 

リビングや居室は南側に

部屋と部屋の間には廊下を

 

こういった「当たり前」だとされている固定概念に縛られず

快適に住みやすいお家に

寒くてジメジメした水回りを作ってしまわないために

敷地条件や周辺環境に合わせて、本当に使い勝手がよく住みやすいお家を

住宅会社にご相談いただくのがいいと思います。