· 

憧れと要望を詰め込み過ぎる前に、必要なのかを考えてみませんか?

おはようございます。

今日もちょっと動くと汗が出る・・・蒸し暑いんだか涼しいんだかよくわからない気候です。本当に着るものに困る季節(>_<)

 

さて、写真は

10月に見学会を予定している伊賀市の新築にて。

 

昨日は本棚の設置作業でしたヽ(^o^)丿

 

お家づくり、皆様のご要望をお伺いしていると、本当に様々で私も楽しい♪

こちらも「ミニ図書館」みたいで、本好きさんならワクワクする空間ですね(#^.^#) 

うちの娘1号も本好きなので、この写真を見せたら、ものすごーーーく羨ましがっていました。大好きな本は2冊買いたくなるそうです。1冊は読む用、でももう1冊はきれいにとっておきたいとか・・・(笑)

そんなもんなんですか?(そこまで本好きではない私(^_^;)。でも好きな写真集に置き換えたら、、ちょっとわかる気がする)

本好きさんなら、きっとずっとここに居たくなる♥♥

そんなご要望ですが・・・

あれこれ詰め込み過ぎるとあっという間にご予算がオーバーしてしまいますので、

必要なものと不要なものをしっかりお考えいただかないといけないですね。

 

一般的に・・・・

寝室や子供部屋というようなプライベートルームを2階に配置した総2階建てのお家が多いと思います。

その場合、各部屋をゆったりと確保してもまだ2階にはスペースが余るので

収納もたっぷりとることが出来ます。

でもその反面、2階建てのお家の場合、1階に収納を十分確保できないことも。

そうなると・・・

1階に物があふれる、ということに(・_・;)

それはやっぱり「2階に上がるのが面倒」というのが理由ではないでしょうか。

お子様が自分の荷物を2階の自分の部屋までもっていってくれるか・・・

自分たちも常に2階の寝室まで荷物を持っていくか・・・

つい、リビングのソファやダイニングの椅子に上着やバッグや、様々な物を置いてしまいがちになりませんか?

 

1階に作った和室はどうでしょうか・・・

もしくは収納部屋を1階に作るか?

でも、そうすると建築コストが高くなってしまいます。

 

家の面積が広くなると冷暖房効率も悪くなりますし。

 

そう考えると

総2階の家 を当たり前のように考えるのではなく

出来るだけ1階で完結させられるような間取りを考えてみてはいかがでしょうか。

 

そして廊下。

その廊下は本当に必要なのでしょうか。

廊下を作ればドアの数も増えますし、やっぱり冷暖房効率も悪くなります。

廊下に面したドアは閉めたくなりますものね。

 

では

出来るだけ廊下を最小限に抑える、もしくは限りなくゼロに近づけるという考え方はいかがでしょうか。

 

そしてプライベートルームの広さ。

総2階でプライベートルームが2階にあるお家の場合

一般的に6帖+収納の子供部屋が2部屋作られることが多いと思います。

 

でも、その子供部屋、どれくらいの期間使われるでしょうか・・・

 

小さいうちは親と一緒に寝ていて、

小学生の間(もしくは中学生でも)リビングで宿題をし

そして高校卒業後は家を出ていったとしたら・・・

 

子供たちが巣立った後の子供部屋の使い道も、建てる時に考えてみてもいいかな、と思います。

 

そして寝室も、

現在ではウォークインクローゼットとセットになっていることが多く、

そうなると衣類や布団などはすべてその中に片付けられるし、

もし

「寝るだけ」の寝室であれば、ベッドが置けるだけの広さで充分ではないでしょうか。

 

そうやって「当たり前」だと思っていた様々な部分を考え直すことで

かなりのコストカットが可能になります。

 

ご予算内からオーバーせずに家づくりが出来、貯蓄に回すことが出来たり

コストカットして余裕が出た分を趣味の事に回すことが出来たり。

 

 

「家を建てるなら、大好きな本を収納する場所をたっぷりとりたかった」

という夢をあきらめるよりも

「寝室は8帖くらいは欲しいな・子供部屋は6帖かな」

を見直す方が、本好きなあなたにとってはずっと住みやすい建ててよかった家になりませんか?

 

あなたにとって暮らしやすい家づくりとはどんな家づくりなのか?

「一般的な」「当たり前」を払拭し、もう一度考えてみてくださいね(^_-)-☆