· 

その家は本当に60年後も快適に住める家?

気付いたら久しぶりの投稿になってしまっていました(・_・;)

いつの間にかお盆休みも終わり・・・

それよりも、娘たちの夏休みが今週で終わります。

あ~また毎日お弁当生活が始まる・・・(>_<) 

 

さて、名張市の新築現場では、ウッドデッキ施工中です。

広々ウッドデッキ、憧れですね(^_-)-☆

でも、ウッドデッキの作り方を間違えてしまうと、使いづらくなってしまうのでご注意★

それは、外から丸見えの状態にしてしまうこと!

ウッドデッキでの過ごし方、家を建てる前は色々と夢が広がりますよね。

くつろげる椅子とテーブルを置いて、

パンツ一丁でまったり・・・(笑)

休日は部屋着のままゆっくりブランチ・・・♥

子供と一緒にプール遊び(水遊び)

などなど。

でも、外から丸見えだと、ちょっと躊躇してしまいます。

本当のプライベート空間を作るには、外部からの視線には気を付けたいものですね!

そして、それだけでなく、

「どの位置にウッドデッキを作るか」

そんなことも家づくりでは大切な要因の一つだと思います。

ウッドデッキのメリットを最大限に活かす設計が大切ですね~。

 

さて、これだけ暑い毎日が続くと、高気密高断熱、省エネの家 がとても気になりますね。

数値にこだわりすぎると、大切なことを見失いそうだと感じますが

シンプルノートの家では

もっと大切で基本的なところにこだわっています。

 

それは、周辺環境を考慮して、日本の気候にあった設計をしていることです。

 

いくら数値が良くても、ガンガンに日差しが入れば暑くなりますから・・・

いくら数値が良くても、まったく光が入らなければ暗くて残念なリビングになりますから・・・

そして家が大きければ、空調効率が悪くなりますから・・・

性能にこだわるあまり、家にお金をかけ過ぎてしまったら、その後の生活が大変になりますから・・・

 

シンプルノートの設計を担っている設計士は、レスイズデザインという人気の設計事務所ですが

日本の気候風土や土地の周辺環境、そして住む人の暮らし方にあった設計をしています。

この基本的な考えは、平尾氏という設計士が、設計を始めたころからずっと変わらず通している「軸」のようなものなのです。

 

 

川森建築でご提案させていただいているシンプルノートの家は

「カッコイイ」「スタイリッシュ」というご感想をいただいておりますが

ただ単にカッコイイだけの家では決してありません。

 

そんなシンプルノートの家づくりについて

詳しく知りたい方は、ぜひこちらのお家の見学会にいらしてくださいね(^_-)-☆

 

9月7日(土)8日(日)10:00~18:00

いつものように予約制にて受け付けております。

詳しくはEVENTページをご覧くださいね!