· 

「平屋は高い」のか???・・・

梅雨入りが遅かったからか、もう夏休みだというのに毎日ジメジメと雨が続いていますね。

 

娘たちは9日くらいから夏休みに入っているので(夏休みでも毎日学校に行っているのでいつから夏休みなのか把握していない私)すっかり忘れていましたが、

そういえば、伊賀市内の小中学校では今日が終業式なのでしょうか?

 

長い夏休み・・・

家の中、特にリビングが益々子供たちのモノで溢れかえりそうですね(>_<)

 

さて、写真は名張市の新築にて。

内装工事も進み、壁の下地の状態から、仕上げのクロスが貼られると、本当に様変わりしますね♪

白い壁紙は明るく、とてもスッキリとした玄関です!

昨日は玄関仕上げや外構の打ち合わせに、左官屋さんと現地へ。

 

そしてそのまま伊賀市へ移動。伊賀市の新築でも同じく玄関仕上げと外構の打ち合わせ・・・

 

この2件、どちらも平屋です。

 

最近「平屋」というキーワード、良く目にしませんか?

では、「平屋」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「高そう・・・」

 

確かに、

「家を建てるんだったら絶対これだけの部屋が必要」と思い込み

各部屋の広さも出来るだけ広く、または具体的に何畳以上は欲しい!と思ってしまっている方が

平屋を建てるとなると

家自体の面積が大きくなりすぎてしまうので、価格は高くなってしまいます。

ですので、そのような方は平屋よりは2階建ての方が向いていると思います。

 

そして、家の価格の指標の一つに「坪単価」がありますが、この坪単価で家の価格を判断している方も

「平屋は高い」という結論に至ってしまいます。

 

でも、家の価格を「総額」で考えると、

平屋は決して高くはありません。

その理由ですが・・・

 

①平屋は階段がない

当たり前ですが(^_^;) 平屋は階段が必要ありません。その分、おおよそ2帖(1坪)×2階=4帖(2坪)家の面積が小さくてすみます。

 

②廊下を無くせる

平屋にするだけで廊下がなくなるわけではないですが、設計次第で廊下をゼロにできます。

2階建てのよくある間取りでは、3帖~4帖(1.5坪~2坪)くらいの廊下がありますが、

ゼロにすることでその分カットできます。

 

③2階のトイレが必要ない

トイレがなくなれば、面積がカット出来るだけでなく、便器やドア、窓、そして水道工事の費用もカットできます。

 

④和室がいらなくなる

2階建てで個室がすべて2階にある間取りの場合、

1階がLDKだけだと子供が小さい間の使い勝手が悪くなってしまうこともあり

リビング近くに和室を作ることが多くなります。

 

でも、平屋の場合、すべての部屋と収納が1階にあるので

和室がなくても不便を感じませんし

もし親御さんが泊っていくようなことがあっても(これも実際はほとんどないことが多いのですが)

まだ寝室として使っていない子供部屋を使うことが出来るため、

めったにないその為の余分な1室は必要なくなります。

 

ということで和室分もカットできます。

もし和室が4.5帖+収納1.5帖の場合=6帖(3坪)面積がカットできることになります。

 

ここまでの4つを合わせると、約7坪ほどの面積がカットできるので

もし2階建ての家で33坪の家を考えているとしたら、33-7坪=26坪で、

充分な部屋と収納を保ったまま家を建てることが出来ますね(^_-)-☆

 

面積が小さくなれば、当たり前ですが家の総額が下がります。

 

もちろん平屋にすると

プライバシーが確保しにくい

防犯性の不安

敷地によっては明るさが確保しにくい

など、気になる点もありますので

平屋の場合はこのような問題点をクリアにする必要はあると思います。

 

ですが

もし、これらの問題をしっかりとクリアにした平屋を立てられることが出来れば・・・

いかがでしょうか?

 

なんとなく頭の中にイメージしていた先入観だけで判断するのではなく

家に対して正しい知識を身につけ

家に負担をかけ過ぎないようにしながら

オシャレな住まいと同時に豊かな日常を手に入れませんか?

 

そんな家づくり、気になる方は、ぜひ

「家づくりで絶対にやってはいけない10のコト」セミナーへのご参加もお勧めしています。

セミナーへのご予約は、下記よりお願いいたします!