· 

木造建築って素敵だなあと改めて感じたこと

こんにちは。稲岡です。

この写真は、以前、おばあちゃまのお家の梁を再利用した時の、大工さんの墨付けの梁です。

この時も、古く形のいびつな梁を、どうやってうまく今の新しいお家に取り付けるのかな~と思っていた私。

「墨付け」と言われてもよくわからなくて・・・・(^_^;)

 

さて、昨日は午後から、川森建築が所属している木造住宅協会の総会と協会主催の講演会があり、社長と一緒に参加させていただいていきました。

講演会は「木造の可能性」というタイトルでした。

長年大工をしていて木造一筋の社長は、きっと楽しみにしていたと思うのですが、

正直、タイトルからは私にはピンと来なくて(^_^;)・・・

 

ところが!

 

たっぷり1時間半くらいの講演をものすご~く聞き入ってしまいました かなり感動です \(^o^)/

木造建築の素晴らしさや、リフォームの技、

建築のことが分からない私にも、とても楽しく興味深い講演でした。

 

講師の先生は

無有建築工房 の 竹原義二 氏 

大工さんてすごいなーカッコイイ~

木造っていいな~

と感じた時間でした。

チラッととなりを見ると・・・・

社長はもう本当に熱心に、竹原氏の建築の映像を見入っていました。

 

特に、お話の中であった、福島県の古い酒蔵をリノベーションした美術館、

「はじまりの美術館」には、

木造建築の事や大工さんのお仕事の詳しい知識を知らない私でも「一度見に行きたい」と思った建築でした。

美術館好き ということもありますが、それだけでなく、こんなすごいものを実物を見てみたい!という感想です。

 

社長はお仕事に活かせるかを考えながら受講されていたかもしれませんが・・・

わたしは単純に素敵な映像を見せていただき、素敵なお話を聞かせていただき、

良いものに触れさせていただいた気分で

楽しく帰ってきました。

 

さすがに福島まで、となるとなかなか行けませんが、

近くでは「大津百町」にもリノベーションしたお店などがあるそうですので、機会があれば行ってみたいです。

行った時には写真をバッチリとってきて、またブログで紹介しますね(^_-)-☆