· 

シンプルに暮らすための家づくりって、実は複雑で難しい・・・

こんにちは。稲岡です。

明日から写真のチラシ(3月23日、24日、完成見学会)を一部地域にポスティングします~(^^)v

ポストを見ていただいて、カッコイイ外観の家の写真と黄色い派手(?笑)なチラシが目につきましたら、ぜひ手に取ってお読みいただければ嬉しいです。

 

去年の春から川森建築が新たにご提案させていただいてきました「SIMPLE NOTEの家」、その1棟目がいよいよ完成です!

その名の通り「シンプルに暮らすための家づくり」

最近は「ミニマリズム」とか「シンプルな暮らし」とか、流行りですよね?ただ、「SIMPLE NOTEの家」はそんなキーワードから想像されることとは少し違うかもしれません・・・

モノを持たない というよりは 不要なモノをカットする という感じでしょうか・・・

 

シンプルに暮らすって実はとても難しいことだと思います。

例えば、毎日の家事のひとつ、お洗濯。

キッチンと洗面脱衣室をすぐ近くに配置する間取りであれば、

一見、家事動線が最短に出来ているように感じますが、

洗濯物を干す場所によっては、干しに行く動線が逆にものすごく長くなってしまうことも。

洗濯は干すだけでなく取り込む作業もあるので、それは「最短の家事導線」とは言えなくなってしまいます。

洗濯は、毎日、そして一生涯続いていく家事ですので、他の家事や育児、お仕事しながら・・・と考えると

結構大変な作業ですよね。

 

というように、家事動線一つをとっても、理想的なプランを作るのは決して簡単ではありません。

 

さらに、家づくりでは、相反する事柄が実は結構あり、「両方をかなえたい」というのが中々難しいことが色々とあります。

 

例えば解放感と居心地の良さ。

ほとんどの方が「明るくて風通しの良い居心地よい家、リビング」を希望していると思います。

そのため、南や東に大きな窓がたくさん欲しいと思っているのではないでしょうか。

ですが、周囲に大きな窓をたくさん作れば作るほど、

外からはどんどん丸見えになってしまいます。

その結果、プライバシーが確保できない、周りから丸見えで居心地が悪い、カーテンを閉めっぱなしにしないと過ごせない家やリビングになってしまう可能性が・・・

せっかく窓を開けて開放的な風通しの良い明るい家を夢見ていたのに、カーテンを開けて過ごせないなんて・・・

 

そして、デザインとコスト。

カッコイイ、デザイナーズ住宅は高い!というイメージがありますよね。

本当はカッコイイ家がいいけれど、高いからあきらめている。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さらに、カッコイイ家は窓がなかったり小さかったり、デザイン重視だから、

家の中が暗いのでは?

風通しは考えているのかなぁ?

動線よりデザイン重視だから暮らしにくいのでは?

というイメージをお持ちかもしれません。

でも、デザイン性に優れた家がすべてそういうわけではなく、

むしろ、暮らしやすい住まいであることも多いんです。

 

「SIMPLE NOTEの家」の家のデザイン性の高さは、デザインを追求したからなのではなく

明るさや風通し、プライバシーや防犯性の確保、動線の良さや快適性、機能性を追求した結果ゆえのものなのです。

そして、さらに、無駄なコストを最大限にカットすることで、高くならないように考えられています。

 

それらの、詳しい内容を、お施主様のお家をお借りして、出来る限りご案内させていただきます!

とても貴重な機会ですので、ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください!

お施主様の大切なお家をお借りしての見学会ですので、

少人数の予約制にさせていただいております(^^ゞ

そして、すでに23日(土)は予約が残り1枠となっておりますので、お早めにご予約をお願いいたします!